グリホサート 作用機構

グリホサート系除草剤は水生生物に有害ですか?

藻類や水生植物の中には、グリホサート系除草剤に非常に敏感な種もある。圃場試験の結果は、製品ラベルに従って、またカナダの森林植生管理で一般的に使用されているグリホサート イソプロピルアミン塩系除草剤の使用は、水生生物に重大なリスクを与えないことを示唆する、いくつかの独立したレビューによる結論を支持するものである。

続きを読む
グリホサート 安全

グリホサート評価の根拠

2019年5月、米国環境保護庁(EPA)はグリホサート 安全を再確認し、発がん性がないことを明らかにしました。グリホサート 除草剤が現行のラベルに従って使用される場合、公衆衛生に対するリスクはないと評価しました。

続きを読む
グリホサート カリウム塩液剤

グリホサートの安全性

カナダ保健省は、グリホサート系除草剤が発がんリスクをもたらす可能性は低く、人体への懸念はないとの判断を堅持しています。

2017年、カナダ保健省は、一般にラウンドアップという商品名で知られるグリホサート 除草剤に関する再評価の決定を発表しました。

続きを読む
グリホサート系除草剤

質問:ラウンドアップはミミズを殺しますか?

ラウンドアップ除草剤の最高試験濃度である5,000ppm(mg/kg乾燥土壌に相当)ではミミズの死亡は認められず、500ppmのレベルでも何らかの悪影響は見られませんでした。比較のために、グリホサート イソプロピルアミン塩系除草剤の散布直後の土壌中のグリホサート 成分濃度は、通常、土壌の上部数センチで数ppm以下であり、標的となる植物体によって遮られた除草剤の量に依存します。

続きを読む
グリホサート 効果 日数

ブラックグラスを抑制した不耕起栽の方法

スウェル氏がブラックグラス対策で最も懸念しているのは、これまで彼の防除プログラムに欠かせなかったグリホサート イソプロピルアミン塩が失われる可能性があることです。

「我々はグリホサート 作用機構に依存していますが、不耕起栽培をしている人は皆そうです。グリホサート 成分が使えなくなると、誰もが再び耕すことになり、コスト的にも持続可能ではなく、環境にも良くないので、35~40年後には後退することになります」。

続きを読む